英国 コッツウォルズ地方を訪ねて

2017.6.21
イギリスの旅も5日目、今朝の朝食は7時からホテルで、Lake Road沿いのホテル ウォーターヘッドを8時に出発。
湖水地方に来てからはじめての雨・・・(いや、イギリスらしい天気?)

こんな天気の、のどかな風景が広がる丘陵の中をコッツウォルズ地方へ高速道路を走ります、310km約4時間の移動だ。

途中、ドライブインで休憩の後、ストラトフォード・アポン・エイボンに向かいます。

強烈な晴れ女、晴れ男のパワーで雨も上がってきた。

ストラトフォード・アポン・エイボンは、創作家ウイリアム・シェイクスピアの生まれ故郷。人口約35万人の小さな町に年間約50万人の観光客が訪れる。




シェークスピアの生家など、ゆかりの場所を見学できるほか、シェイクスピア・グッツも多く、人気のお土産も沢山見つかる。

木組みの家を見て散策。

木組みの家の並ぶ市内の散策へ

シェイクスピアの妻、アン・ハサウェイの生家。

ストラトフォード・アポン・エイボンの市街地散策を終え、
のどかに羊たちが草を食む丘陵地帯を見ながら、一路コッツウォルズ地方に向かいます。

蜂蜜色のマナーハウス~チャリングワース マナーCHARINGWORTHMANOR)に到着です。

美しいコッツウォルズの田園地帯に立地するチャリングワース マナーCharingworth Manorは、54エーカーの敷地を持つ14世紀のマナーハウスです。本格的なパブがお客様をもてなします。

敷地内には屋内温水スイミングプール、サウナ、スチームルーム、ソラリウム、設備の整ったジム、屋外テニスコートがあり、美しいガーデンの中庭で深呼吸、散策を楽しむだけで十分に至福の時間です。

John Greville(レストラン)は、地元の食材を使用し、エレガントで親しみやすい雰囲気の中で、AAロゼットアワードにふさわしい素晴らしい料理をいただき大満足でした。
客室はPotter(RoomNo110)で、広々とした客室にはアンティークや高級ファブリックで内装が施され、専用バスルームやプラズマテレビを完備でした。
明朝の食事前の散歩が今から楽しみです。

2017.6.22.
イギリスの旅も6日目、スケジュールは佳境に入り最も訪れてみたかったコッツウォルズ地方の散策だ。

朝食前の敷地内散策です。さわやかな空気、広くて高い曇り空(イギリスらしい空)、とても広大なコッツウォルズの丘陵地がパッチワークのように見える。

朝食までの間、敷地内庭園の散策だ
庭には数えきれないほどの多くの花たちが咲き誇っている。

 

散策後のレストラン John Grevilleでの朝食メニューでとても美味しくいただきました。

朝9時にホテルを出発、終日コッツウォルズ地方の小さな村々の観光だ。

1、村の中をウィンドラッシュ川が静かに流れる可愛らしい村「ボートン・オン・ザ・ウォーター」の散策。

200年以上も前に作られた古い石橋がいくつかあり、川沿いの散策が定番。

2、バイブリー。ここは英国の芸術家ウイリアム・モリスが、「英国で一番美しい村」と称えたところだ。

【昼食】バイブリーで名物「鱒料理」を賞味、その後、バスで移動

3、ブロードウェイの町を観光
4、ブロードウェイタワーにも訪問
(ここでは、天候が少し怪しくなってきたが持ち直した)

4、英国式庭園の原型となった、ヒドコット・マナー・ガーデンを訪問

【伝統的な英国式アフターヌーンティーで至福の時を・・・】

コッツウォルズ地方の観光を終え、チャリングワース マナーCharingworth Manor Potterの部屋に連泊。
今日は、とっても中身の濃い充実した一日だった。

明日は、8時にロンドンに向け出発だ・・

英国 エディンバラにて

2017.06.17
是非訪れてみたかった海外旅行先〝歴史と伝統を巡るイギリスの旅〟の始まりだ。
朝6時、津なぎさ港から始発のエアポートラインに乗船セントレアへ、
セントレアからJAL3082便8時20分発で成田空港へ
成田空港で今回のツアー添乗員の外山さんと合流。
外山さんはイギリスをはじめとする添乗のベテランで気持ちの良い旅が期待できる、なお今回のツアー参加は25名とのこと。
成田空港からはブリティッシュエアーウェイズBA0006便12時55分発で一路ロンドンへ、

ロンドンヒースロー空港での入国検査はテロ対応のため大変厳しかったが無事入国が許可され、国内線に乗り継ぎエジンバラへ、北回り約12時間半の飛行。
時差8時間を調整し、21時30分エジンバラに到着した。

夜、午後9時30分なのにこの明るさだ、
エジンバラの宿泊先、グラスマーケット通りの PEX GRASSMARKET(エイペック グラスマーケット)にチェックイン。
明日はエジンバラ市内観光だ・・・

2日目(2017.6.18)
スコットランドといえば朝ドラの〝まっさん〟で有名なスコッチウイスキーの本場である。

イギリス北部一帯を占めるスコットランドはかっての独立王国、19世紀初頭にイングランドに統合されてからも独自の文化を守り続けている。
今日の天気は快晴、当時のスコットランドの首都で、世界遺産の宝庫ともいえるエジンバラの観光だ。
 

朝食前に少し散歩を、グラスマーケット通りに面するホテルの目の前の〝エジンバラ城〟へ

エジンバラ城への石段を歩いてみる。
そこには多くの落書きが目に付く、写真のようにとてもセンスの良い落書きが目立つ。

朝の散策後、ホテルレストランでイングリッシュ・ブレックファストで朝食
ソウセージとポテトがとても美味しく、ベーコンは焼きすぎのようで歯ごたえがあった。

9時にバスでホテルを出発。〝カールトンヒル〟へ
カールトンヒルトンは、エジンバラ市街を一望できる小高い丘の上にある公園。

頂上にはネルソン・モニュメントが建つ。ほか、ナポレオン戦争の戦没者を記念して着工され、予算不足で未完成となったナショナル・モニュメントが象徴的だ。

その他、ネルソン提督の遺品や記念品など数が多い

次に向かうのは、〝ホリールードハウス宮殿〟
旧市街地の端っこにある。

聖ジャイルズ大聖堂。
教会内には讃美歌を合唱するコーラスの歌声が響いていた。

そして、エジンバラ城に入場、エジンバラ城からの市街地全景を・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後にエジンバラに多くあるクロース(小路)の一つを・・・

まだまだ沢山の思い出が残ったエジンバラの散策でした。