英国 エディンバラにて

2017.06.17
是非訪れてみたかった海外旅行先〝歴史と伝統を巡るイギリスの旅〟の始まりだ。
朝6時、津なぎさ港から始発のエアポートラインに乗船セントレアへ、
セントレアからJAL3082便8時20分発で成田空港へ
成田空港で今回のツアー添乗員の外山さんと合流。
外山さんはイギリスをはじめとする添乗のベテランで気持ちの良い旅が期待できる、なお今回のツアー参加は25名とのこと。
成田空港からはブリティッシュエアーウェイズBA0006便12時55分発で一路ロンドンへ、

ロンドンヒースロー空港での入国検査はテロ対応のため大変厳しかったが無事入国が許可され、国内線に乗り継ぎエジンバラへ、北回り約12時間半の飛行。
時差8時間を調整し、21時30分エジンバラに到着した。

夜、午後9時30分なのにこの明るさだ、
エジンバラの宿泊先、グラスマーケット通りの PEX GRASSMARKET(エイペック グラスマーケット)にチェックイン。
明日はエジンバラ市内観光だ・・・

2日目(2017.6.18)
スコットランドといえば朝ドラの〝まっさん〟で有名なスコッチウイスキーの本場である。

イギリス北部一帯を占めるスコットランドはかっての独立王国、19世紀初頭にイングランドに統合されてからも独自の文化を守り続けている。
今日の天気は快晴、当時のスコットランドの首都で、世界遺産の宝庫ともいえるエジンバラの観光だ。
 

朝食前に少し散歩を、グラスマーケット通りに面するホテルの目の前の〝エジンバラ城〟へ

エジンバラ城への石段を歩いてみる。
そこには多くの落書きが目に付く、写真のようにとてもセンスの良い落書きが目立つ。

朝の散策後、ホテルレストランでイングリッシュ・ブレックファストで朝食
ソウセージとポテトがとても美味しく、ベーコンは焼きすぎのようで歯ごたえがあった。

9時にバスでホテルを出発。〝カールトンヒル〟へ
カールトンヒルトンは、エジンバラ市街を一望できる小高い丘の上にある公園。

頂上にはネルソン・モニュメントが建つ。ほか、ナポレオン戦争の戦没者を記念して着工され、予算不足で未完成となったナショナル・モニュメントが象徴的だ。

その他、ネルソン提督の遺品や記念品など数が多い

次に向かうのは、〝ホリールードハウス宮殿〟
旧市街地の端っこにある。

聖ジャイルズ大聖堂。
教会内には讃美歌を合唱するコーラスの歌声が響いていた。

そして、エジンバラ城に入場、エジンバラ城からの市街地全景を・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後にエジンバラに多くあるクロース(小路)の一つを・・・

まだまだ沢山の思い出が残ったエジンバラの散策でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です